アイテム名が入ります
黒マルチ
価格:1,000円+税~
雑草を防止します。耐候性、耐熱性を強化し、長期使用又は紫外線の強い地域に適したフィルムです。
アイテム名が入ります
白黒マルチ
価格:2,743円+税~
光の反射性が高い白色面と遮光性の高い黒色面により、熱気を遮断し、高い地温抑制効果を発揮します。
アイテム名が入ります
グリーンマルチ
価格:2,171円+税~
青、赤色光を
抑えて
雑草を抑制し、
熱線を
吸収します。
アイテム名が入ります
透明マルチ
価格:870円+税~
ポリエチレンを使用していますので、引張強度、伸び、耐候性等に優れています。地温上昇に適しています。
アイテム名が入りますサンバイオX
価格:4,076円+税~
収穫後にフィルムを
剥がす必要が無く、
そのまますき込めるので作業が省力化
できます。


黒マルチとは

黒マルチ(農業用資材)とは おもに雑草を抑制するために、使用されます。黒マルチは地温を上昇しビニールハウスのような効果があると思う方が多いですが、実は地温上昇を抑制する作用もあるのです。地温上昇だけを考えますと、透明マルチの方が、効果がよく、冬場冷え込む時などは、透明マルチで太陽の光を吸収し地温を上げます。透明マルチは雑草などにはあまり効果がなく、春から夏にかけては透明マルチではなく、黒マルチ(農業用資材)を使用します。春先など地温が低い時期などは太陽のぬくもりを吸収し地温を逃さず安定することができます。黒マルチ(農業用資材)はアブラムシなどの害虫の被害を抑制し、農薬などの使用も最小限に抑えられ、また夏場など強い日差しの時など急激な地温上昇も抑えられ、ある程度一定も地温を保つことがが期待されます。初め黒マルチを畝に張るときはスコップなどで穴を掘り端を埋めて張っていくのですが難しい作業でもなく誰でも簡単に張ることができます。少し面倒でも初めに黒マルチを張ってしまうと、雑草なども生えてきにくく、雑草処理などの手間も省かれ、水分の蒸発も抑えられますので、最近では黒マルチを使用する方が増えてきています。

黒マルチ(農業用資材)の値段


地面に敷いて地温を上げ、雑草を防ぐ資材として黒マルチ(農業用資材)は、いまや日本の農業には欠くことのできない、重要な資材になっています。このため、黒マルチ(農業用資材)を製造販売する企業は沢山あり、価格も千差万別です。サイズや厚さで、値段は異なりますが、栽培する品種、時期、地域などにより使用するマルチの規格が違ってくるので、一概にどれが安いとか、高いとか言った判断はできませんが、実際に使った農家が作物にどんな影響を与えたかによって判断基準が変わってきます。一般的には長さ200メートル幅95センチのものが1000円代から5000円代までと厚さや用途によって値が違います。寒い時期に黒マルチ(農業用資材)を敷いて気温が上がってきたら、温度を下げるためにマルチに穴をけますが、農家が作業しやすいように、あらかじめおせんべい大の丸い穴がミシン目で入っているといった、きめの細かいものもあるので、こうしたものは値段が高くなっています。穴のサイズも作物によって微妙に異なってきます。地温を上げ、さらに雑草が伸びるのを防ぐ効果のある黒マルチ(農業用資材)は、除草剤の使用を大幅に減らす効果もあるなど、一石二鳥の役目をしており、環境に優しい農業に大きな貢献をしています。

黒マルチ(農業用資材)の種類


黒マルチ(農業用資材)の種類は実に沢山あります。大きく分けて、畑用、菜園用に分けられますが、これは大規模用、小規模用程度に理解しておけばよいでしょう。黒マルチ(農業用資材)は、作物や地域、時期にあわせて様々な種類のものが用意されていますが、厚さは0.02ミリ、0.03ミリ、0.05ミリといったところが一般的です。サイズはこれを使う規模により様々ですが、長さは100メートル、200メートルといった超ロングもあります。マルチを敷く作業能率という面から考えれば長いほうが世話なしですが、一方では重量という問題が出てきます。一般的な畑で使われる黒マルチ(農業用資材)は200メートルというのが中心のようです。幅はかなりばらつきがありますが、これは作物や栽培法に関係してきます。一般的には95センチが多く使われますが、この他110センチ、120センチ、150センチ、180センチ、230センチなど様々なサイズがあります。また気温の上昇に応じて、穴を開けることができるように、丸いミシン目が付けられているものもありますが、ミシン目の丸も、用途や時期によって使い分けられるように様々なサイズがあります。黒マルチ(農業用資材)は白や透明のビニールに比べ保温効果が劣るという性質を利用して、敢えて夏場に使うという農家もあります。

黒マルチ(農業用資材)に適した作物


黒マルチ(農業用資材)という道具をご存じでしょうか。マルチは畑全面を覆い、植物と土が接触しないようにすることが目的で作られました。もともとは敷き藁といってスイカやカボチャなどのウリ類で使われていました。今でもこの技法は敷き藁マルチとして伝統的に行われています。マルチは紙・不織布・ビニールといった材料で作られた資材です。ビニール製の黒マルチ(農業用資材)は敷き藁と違い天水で土が湿りすぎたり、畝が崩れたりすることを防ぎます。色が黒いので照り返しがなく、日光が当たると熱を持ちます。したがって黒マルチ(農業用資材)は地温を高める効果を持ちます。冬場、気温が下がる時期に温度が必要な作物を栽培するのにはうってつけの資材です。夏野菜の代表、トマト・ナス・ピーマン・みょうがなどで利用しましょう。またマルチ本来の仕事である雑草防除と土壌水分含量の調節も行いやすくなりますのでダイズやインゲンなど水管理の難しい作物にも応用が利きます。意外なのはサツマイモ・生姜・ニンジン・にんにくなどの根菜類です。これらは地温を高めれば根が活性化する性質を持っており、地下茎や根を太らせるため黒マルチ(農業用資材)を使います。黒マルチ(農業用資材)は幅が1m前後のものから4m近いものまで様々です。育てようとする作物の畝幅に合わせてお好みのものをお使いください。


トップへ