白黒マルチ

  • HOME
  • 白黒マルチ

黒マルチ(農業用資材)の使用例

黒マルチ(農業用資材)は、素人農園では扱いが難しい面がありますが、経済効率を考えなければ、カボチャ、スイカ等を栽培してみたいという方には、試験用としてお勧めしても良いでしょう。黒マルチ(農業用資材)には、保温と、雑草の抑制という二つの面がありますが、保温だけを考えるなら白いビニールの方が安上がりです。カボチャ、スイカは、まだ外気温が上がらないうちに定植期を迎えるので、この時に威力を発揮するのが黒マルチ(農業用資材)です。ジャガイモにも使う人がいますが、それぞれ使い方が微妙に異なるので、近くに農家があったら、農家の指導を受けるのが一番安全です。黒マルチ(農業用資材)は地面に直接敷くので、敷き方に慣れないとと後で問題を起こします。使用例としては、上手な敷き方は最初の部分を細竹などを刺して固定し、地面を這わせてから反対側で強く引っ張り、細竹または前後を尖らせた竹製の針で止めて固定させます。前後だけではなく両脇もきっちりと止めることが大切です。素人の場合は面積も少ないし、お金もかけられないので、ほどほどにという意識を持つことが大切です。黒マルチ(農業用資材)は夏野菜、冬野菜共に苗の段階で使いますが、成長したら冬場であっても早目に取り払うことが大切です。黒マルチに穴を開けるための丸いミシン目の入ったものがありますが、この扱いのタイミングなどは、近くの農家の意見を聞きながら扱うことを勧めます。



白黒マルチ 規格 95cmx200m 2,743円+税~



 光の反射性が高い白色面と遮光性の高い黒色面により、熱気を遮断し、高い地温抑制効果を発揮します。

適度な水分を保持し、肥料の流出を防ぎます。黒色面(裏面)が雑草を防止します。



ご注文はこちらから



黒マルチ使用者の体験談(初めて使用)

黒マルチには雑草の抑制、アブラムシなど害虫の予防に効果があると聞き、はじめて使用しました。 畝の端にスコップで穴を掘り黒マルチの端を埋め固定します。初めての初心者でも難しい作業ではないのですが、埋め方が浅ければすぐに抜けてしましますのでもったいなくても深めに埋めます。畝に沿って紐を張りまっすぐに紐に沿ってスコップで掘っていきます。そのあと黒マルチを畝に沿って伸ばしまっすぐにはります。 初めての初心者にしては結構綺麗に張れました。春先から夏場、秋口にかけ雑草、害虫などの予防、また地温の安定、上昇でタマネギ、なす、しし唐などには黒マルチを張ると成長が早く、害虫予防もでき農薬などの使用も抑制でき今では欠かせない資材となっています。


白黒こかげマルチ 規格 95cmx200m 3,980円+税~



 春、夏、秋の野菜栽培に最適です。

表が白色、裏が黒色で地温上昇を制御し、作物の品欠の向上に、除草に、虫除けに、効果を発揮します。

黒色面(裏面)が雑草を防止します。



ご注文はこちらから




体験談

長年、無農薬有機栽培で、なるべく機械を使わず昔ながらの手作業で野菜を育ててきました。 趣味の範囲とはいえ、だからこそのこだわりでもあります。 しかし、いろいろ育てておすそ分けなどをしていくうちに、畑の範囲や作物の種類も増えて、雑草を抜くだけでも大変な作業になってきました。 それでも農薬などは使いたくないと思い、黒マルチならいいのではないかと思い、初めて購入しました。 初心者でも簡単に設置出来て、黒マルチを敷いたところはほとんど雑草が生えないので手入れも楽になりました。 向き不向きはあるのかもしれませんが、ほとんどの作物が元気に育ちました。 今までのこだわりがバカらしくなるほど、黒マルチを使用して本当によかったと思います。



銀黒マルチ 規格 95cmx200m 2,743円+税~



 銀色面の反射により、地温の上昇を抑制し、アブラ虫等の害虫から作物を守ります。

適度な水分を保持し、肥料の流出を防ぎます。

黒色面(裏面)が雑草を防止します。



ご注文はこちらから




ヒムシー銀黒マルチ 規格 95cmx200m 3,680円+税~



 植物の病気を媒介するアブラムシは、銀色を嫌うので寄りつきません。

キスジノミハムシ・ウリバエ・ウラナミシジミなどの成虫も銀色を嫌って寄りつきません。



ご注文はこちらから




トップへ