透明マルチ

  • HOME
  • 透明マルチ

農業用資材の張り方

黒マルチ(農業用資材)は、穴があいているタイプと穴の空いていないビニールのシート状のものとがあります。 用途に合わせて2タイプのものから選ぶようにしましょう。 それでは、家庭菜園などの畑で使用する、黒マルチ(農業用資材)の張り方をご説明いたします。 用意するものは、溝を掘るためのスコップやクワ、マルチをカットするためのハサミ、 マルチをおさえるための石などがあれば準備しておくと良いでしょう。 まず最初に黒マルチ(農業用資材)を張りたい場所や、畑の畝を平らにならします。 次にマルチの幅に合わせて、スコップやクワなどを使い、軽く溝を掘っていきます。 溝を掘り終えたら、マルチの一番端の部分に石や土を乗せてマルチを固定します。 そこからマルチがたるんでしまわないように、ピンと引っ張るようにしながら少しづつ広げていきます。 この時に注意したいことは、一気に何メートルもマルチを広げてしまわないことです。 特に風が強い時などは、マルチが飛ばされてしまう恐れがありますので、少しづつ作業を進めていくようにしましょう。 マルチを少しづつ広げ、掘った溝の部分に土を被せていく作業を繰り返し、 最後にマルチをカットして、端の部分に土や石を乗せて固定して完成です。



透明マルチ 規格 95cmx100m 870円+税~


ポリエチレンを使用していますので、引張強度、伸び、耐候性等に優れています。

地温上昇に適しています。



ご注文はこちらから






穴あきマルチ銀ネズミ 規格 95cmx200m 1,648円+税~



ポリエチレンを使用していますので、引張強度、伸び、耐候性等に優れています。




ご注文はこちらから






温度保持

黒マルチの方が透明マルチより夜間の温度保持が可能です。
黒マルチは赤外線を通しにくいので、透明マルチの方が温度保持が
可能かと思われがちですが、夜間は黒マルチの方が若干ですが、
高温となります。
逆に透明マルチは昼間は高温となりますが、あくまで昼間の場合です。





トップへ